コラーゲンの効果・骨粗鬆症

コラーゲンとは

コラーゲンとはアミノ酸が多数結合して出来たたんぱく質です。

 

人間を初めとして動物の体内に最も多く含まれるたんぱく質の一種。体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節、目、髪などあらゆる組織に存在し
細胞のつなぎ目としての役割があります。

 

人間の体のたんぱく質は20%、その三分の1はコラーゲンです。
体を作るために重要となることは十分理解出来ますね。

 

 

コラーゲンは加齢とともに減少するのですが、しわやたるみ、骨の老化にも関係します。

 

 

イキイキ元気に過ごして若く過ごすためには必要な栄養素なのですね。

 

 

コラーゲンの不足

 

 

コラーゲンが不足してしまうと髪がツヤがなくなったり、骨がもろくなって骨粗鬆症になったりと色々な弊害をもたらすことになります。

 

コラーゲンの効果

 

コラーゲンが美容にいいという事が知られるようになりました。
美容や老化、体を維持するための大事なものとしてのコラーゲンですが健康との関係を考えてみます。

 

 

コラーゲンの効果と肌との関係

 

 

 

コラーゲンが美容と密接な関係であることはたくさんの方の知っている通りです。

 

 

 

コラーゲンが不足するとお肌の弾力が失われツヤを保つ事が出来なくなります。コラーゲンの摂取はお肌の新陳代謝を活発にして、
しみやシワに効果的に働きかけます。

 

 

コラーゲンで新陳代謝をよくする

 

 

 

コラーゲンの効果が世界で認められ、各メーカーからコラーゲンの商品が売られています。
コラーゲンを摂取することでコラーゲンの新陳代謝がよくなることが分かってきました。

 

 

 

コラーゲンは美容としての効果をもたらしますが、体を作るための栄養素としても大事な役割をしてくれます。

 

 

 

コラーゲンの役割として体全体や臓器などの形を作り、支えたり結合したりしています。私たちが生きていくための必要不可欠なものだということになります。

 

 

 

コラーゲンは生命を維持することや老化に密接に関係して、その延長線上の美容関係においても注目されているということになります。

 

コラーゲンの摂取

 

コラーゲンの摂取とすっぽん小町

 

コラーゲンの摂取が健康な体を作るために必要です。
食品から摂ることも出来ますが、十分な量を補うにはコラーゲンサプリメントを上手に使うことも一つの方法です。

 

 

コラーゲンと食生活

 

 

 

昔からコラーゲンの摂取は肉や魚などの食品から摂ることが出来ていました

 

 

 

骨や皮にはたくさんのコラーゲンが含まれているので十分コラーゲンを摂取が出来ていたとようです。

 

 

 

ですが近年では食生活の変化によって食物のコラーゲンの摂取が少なくなったのではと考えられています。

 

 

 

魚を食べる習慣が減少していることや加齢とともに肉を食べる事機会が少なくなったということも
要因の一つです。

 

 

 

これらのように食生活からコラーゲンの摂取が少なくなってしまいます。

 

 

 

コラーゲンの摂取が少なくなった食生活を考えると、コラーゲンを含むすっぽん小町を飲む事が健康に深くかかわるのですね。

 

コラーゲン不足

 

コラーゲンという言葉をよく耳にするようになりましたね。

 

コラーゲンはある一定の量よりも多くは体に吸収されないことが最近の研究の結果で判明したそうです。
そして、コラーゲンが不足することがとても重篤な症状を引き起こしてしまうそうです。
他にも、老化を進行させてしまうとのことでした。

 

確かにここのところ肌のつやははっきり言って落ちました。
コラーゲンをきちんととって現状をなんとか維持したいものです。

 

この内容は先日テレビで放送されていましたのでご存知の方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

コラーゲンの曲がり角は20歳からで、コラーゲンは新陳代謝を繰り返していて、年齢を重ねているとそのスピードが落ちて亜tらしく作られるコラーゲンの量が少なくなるのですって!
コラーゲンは老化とともに固くなるので皮膚の弾力がなくなるそうです。

 

私が一番驚いたのは、骨ってカルシウムが成分だとばかり思っていましたが半分はコラーゲンだということ。コラーゲン不足になると骨折しやすくなる、ということですね。
髪にも影響が・・栄養がいきわたらないので抜け毛の原因にもなるのです。

 

女性の年配の方のウィッグのコマーシャルを見かけますが、老化は必ず訪れること。でも少しでも遅くしたいです。

 

骨粗鬆症

 

女性が年をとると、男性よりも骨粗しょう症になる確率が高いです。女性ホルモンの関係でどうしても男性よりも骨がもろくなりやすいのですね。

 

コラーゲン不足だけでなく骨粗鬆症になる原因は

 

カルシウムを不足させる動物性たんぱく過多の食事
ビタミンDの不足した食事カフェインの摂り過ぎ
過剰なアルコール摂取
喫煙
などがあるようです。また運動量が少ないことも原因になるようで無重力を体験した宇宙飛行士も骨粗鬆症の症状になりやすいのだそうです。

 

ここで考えてみると上記のことは、骨だけでなく一般的に健康になるためにはやっぱり運動、食事が大切で喫煙もよくないということなのですね。
自分の体を大切にしてあげなくっちゃ。